代表メッセージ

音楽には計り知れない力があります。

ある曲を聞いて落ち込んでいた気持ちが穏やかに晴れたというご経験はございませんか?
音楽は大切な思い出や出来事を思い出させてくれ、
いつも自分の心にあたたかく寄り添ってくれます。
元気を引き戻したり、心を安らがせ治癒力を高める効果がある音楽で、
医療や介護においての心と身体を癒すお手伝いをしたい。
そんな思いが溢れた会社です。
音楽が生み出す奇跡をたくさんの人にお届けしたいと願っています。

堀口直子プロフィール

堀口直子

株式会社アリア ミュージックオフィス 代表取締役

長崎県佐世保市出身。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。
武蔵野音楽大学特修科ピアノ科卒業。
4歳でピアノを始める。8歳の時に武蔵野音大に入るという夢を持ち18歳で上京。
第8回教育委員会主催“若い芽のコンサート”オーディション合格、演奏会に出演。
ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団とピアノコンチェルト共演。
第36,37,38回長崎県高校生音楽コンクールにおいて3年連続金賞受賞。
第22回東京国際芸術協会新人演奏会オーディションに合格、同披露演奏会に出演。
大学卒業後、ソロやオペラ歌手のピアノ伴奏者となる。
また、絶対音感を持つピアニストとして幅広いレパートリーを持つ。
認知症患者のための「音楽療法コンサート」を現在までに500回以上実施するなど、
様々な音楽活動を手掛けている。
また、音楽の効果を数値化した研究を行い『音楽による認知症高齢者と接する視点研究~自主性と意欲を引き出す音楽的効果検証』、『音楽療法による認知症ケアの統計学データ検証』、『うつ病予防・改善のための音楽を使ったメンタルヘルスケアの実践』、『気分障害の緩和に絞った認知症対応型音楽療法プログラムの開発』等の、認知症ケア学会、日本音楽医療研究会での発表も行っている。
また、介護職員が習得する音楽ケア体操、音楽ケアプログラムの実施研修、職員のための音楽を効果的に使ったメンタルヘルスケア音楽研修も行っている。
厚生労働省「うつ病の認知療法・認知行動療法研修課程」修了。
現在、東京国際芸術協会会員、ヘルパー2級取得、社団法人認知症高齢者研究所研究員 。